アンチハラスメントポリシー

私たち技術書典運営事務局は、技術に興味・関心を持って技術書典に参加されるすべてのみなさんを歓迎します。そして、みなさんが楽しく過ごされることを目指しています。そのため、他の参加者に対するいやがらせは、どのような形であっても許容しません。

ここでいういやがらせは、性別、性的指向、障碍、外見、人種、出身、年齢、宗教に関連するものなども含みますし、これらに限りません。

これらに関して攻撃的な発言をすること、脅迫、意図的な威力行為、ストーキング、つきまとい、不適切な身体接触、強要、性的な画像の掲示などを含む望まれない性的な行動や発言、こういったことはすべていやがらせです。

このポリシーは、サークル参加者、一般参加者、スポンサー、スタッフも含めた、技術書典のすべての参加者に適用されます。また、技術書典運営事務局が開催するその他のイベントにも適用されます。

いやがらせへの対応

運営事務局スタッフや警備担当者は、技術書典を円滑に運営するため、いやがらせを止めさせる権限を持っています。

いやがらせを止めるように言われた場合は直ちに従ってください。

運営事務局は深刻ないやがらせを行った人に対して、参加費を返却せず会場から退出させます。また運営事務局はポリシーの違反者に対して今後の参加をお断りする権限を留保します。

いやがらせを見かけた場合の連絡

いやがらせを受けている、または受けている人を見かけた、あるいはその懸念があるといった場合は、ただちにお近くのスタッフか、事務局受付までお知らせください。

いやがらせ、その他のポリシーや規約に違反する行為は、すべての人にとってイベントの価値を毀損します。私たち運営事務局は、技術書典をみなさんが楽しめる場にしたいと考えています。「このくらいならわざわざ報告しなくても」「この程度のことはよくあるし」などと思ったとしても、遠慮せずにご連絡ください。みなさんのご協力が、これからの技術書典をより良いものにします。

また、運営事務局はみなさんが警備あるいは警察に通報する必要がある場合や、エスコートが必要な場合、会場内でいやがらせから皆さんを守る必要がある場合などは、必要な措置を講じます。