技術書典オンラインマーケット販売サービス利用規約

この利用規約は大切なので、理解を手助けするために要約をつけています。次の点はサークル出展者(出版者)と技術書典のテックベース合同会社との間での取り決めの要点です。

出版にあたって次の注意点が含まれています。

書籍の利用許諾に必要な権利について次の内容を守ってください。

技術書典はオンラインマーケットでの販売のため、次のことをします。

この要約は説明が少なく厳密ではありません。規約の合意は以下の概要から続く利用規約本文・製本書籍委託販売約款を適用します。

概要

この利用規約(以下「本契約」といいます)は、テックベース合同会社(以下「当社」といいます)の提供する技術書典オンラインマーケットサービス(以下「本サービス」といいます)のアカウントによって識別される個人または法人(以下「出版者」といいます)と、当社との間に締結される契約です。

本契約は、本サービスにおける出版および配信プログラムへの参加、本プログロムを通じたデジタルコンテンツ(以下「電子書籍」といいます)の配信、および本プログラムを通じた印刷媒体の配信(以下「製本書籍」といいます。また電子書籍と製本書籍を合わせて「書籍」といいます)に関する利用規約であり、以下の内容から構成されます。

契約の成立

本契約の契約期間は、出版者がこれを承認した時点で開始し、当社または出版者のいずれかによって解除されるまで継続します。

当社による利用契約の取消

本サービス利用契約の申込後、登録希望者または出版者が以下のいずれかに該当する場合、もしくは該当すると当社が合理的に判断した場合、当社は何らの通知、催告することなく、登録希望者の登録を受け付けない、または出版者の本サービス利用契約の全部または一部を取消すとともに登録希望者または出版者の登録したデータ等をサーバから削除することができるものとします。また、以下のいずれかに該当する登録希望者または出版者の行為により、当社および第三者が損害を被った場合、登録希望者または出版者は当社および第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。

なお、本条に基づき当社が会員登録の却下、本サービス利用契約の取消、データ等の削除の処置を行った場合に出版者に生じたいかなる損害に対しても、当社は一切責任を負わないものとします。

利用の停止等

出版者が以下のいずれかに該当する場合、もしくは該当すると当社が合理的に判断した場合、当社は、理由の如何に関わらず出版者に対する本サービスの全部または一部の提供を直ちに中止し、出版者に対し会員資格の停止処分、または本サービス利用契約の取消処分を行うものとします。また、出版者の規約違反等により当社に損害を与えた場合、当社は出版者に対し損害賠償請求をすることができるものとします。

また、本条の適用により本サービスの提供を中止したことにより出版者に生じた損害等については、当社は一切責任を負わないものとします。

出版者による解約

本サービス利用契約を解約する場合、Webサイトより所定の手続により届け出るものとします。その場合、契約満了日をもって契約の解約とします。

前項の場合において、その利用中に係る出版者の一切の債務は、本サービス利用契約の解約があった後においてもその債務が履行されるまでは消滅しないものとします。

既に当社に支払った全ての料金の返金は一切行われないものとし、出版者はこれを了承します。

本サービス利用契約の解約の意思表示は、当該契約に付随する全ての本サービスに関する契約を解約する意思表示とみなします。

契約の解約時におけるデータのバックアップ等は出版者の自己責任において行うものとし、当社は解約後のデータの保持に関して何ら関与せず、一切の責任を負わないものとします。

本サービスの提供範囲の設定

当社は、出版者に対する本サービスの提供範囲の変更または制限を設定することがあります。

書籍の提出、承認および取り下げ

提出

出版者は、本プログラムを通じて配信を希望する書籍を出版者の費用負担で当社に提供しなければなりません。当社は、出版者が本プログラムに関連して当社に提出した電子ファイル、物理コンテンツまたはメディアを返却しません。出版者は、すべての電子ファイルを、ウイルスやワーム、その他の有害なまたは破損をもたらす恐れのあるコードのない状態で提出する必要があります。

コンテンツの要件

出版者は、すべての書籍のコンテンツが提出時に当社のコンテンツのプログラムポリシーに従っていることを確保しなければならないものとします。出版者が提出したコンテンツがプログラムポリシーに違反していることが判明した場合、出版者は、コンテンツの出版を中止することにより、あるいは書籍の取り下げまたは再出版のプログラム手順を通じて準拠したコンテンツを再出版することにより、当該コンテンツを直ちに取り下げる必要があります。当社は、出版者の書籍について提供された書誌関連情報または内容紹介を、当社がコンテンツの要件を遵守していないと判断した場合を含みいかなる理由であれ、削除または修正することができます。当社はさらに、書籍の表紙の全部または一部についても、当社がコンテンツの要件を遵守していないと判断した場合を含みいかなる理由であれ、削除することができます。出版者は、書籍に広告、または主として製品やサービスを宣伝または販売促進することを意図したその他のコンテンツを掲載してはなりません。出版者は、出版者が当社に提供するすべての書誌関連情報は最新、完全、かつ正確であることを保証するものとします。出版者が書籍について当社に提供した書誌関連情報が不正確または不完全であることが判明した場合、出版者は、速やかに書誌関連情報提出のためのプログラム手順を通じて修正した書誌関連情報を当社に提出するものとします。

書籍の却下

当社は、当社が承認し、本プログラムを通じて配信するコンテンツを単独の裁量で決定することができます。当社が出版者に対し、当社が書籍の配信を許可するために必要なすべての権利を出版者が保有していることを確認するための情報など、出版者の書籍に関する追加情報を提供するように依頼した場合、出版者は、直ちに要求された情報を提出し、かかる要求への回答として出版者が当社に提供する情報および文書は最新、完全かつ正確であることを表明し保証するものとします。出版者は、当社が出版者に対して、書籍の配信を許可するための出版者の権利と、これらの権利に関して出版者が当社に提出した情報や書類が正確であることを確認するために適切と考える質問を、当社が自らまたは第三者を通じて行うことを了承するものとします。

書籍の取り下げ

出版者は、その時点で有効な書籍の取り下げまたは出版解除についてのプログラム手順に従って、10営業日前までに通知することにより、本プログラムでの電子書籍の以後の販売および製本書籍の以後の販売をいつでも取り下げることができます。当社は、書籍が販売可能である期間中に完了されたカスタマーの注文を履行できるものとします。また当社は、当社が所有する製本書籍の販売を継続できるものとします。すべての書籍の取り下げは、将来に向かってのみ適用されるものとし、削除日以前に書籍を購入したカスタマーについては適用されないものとします。

マーケティングおよび販売促進および書籍情報

マーケティングおよび販売促進

当社は、本プログラムを通じた出版者の書籍の販売に関するすべてのマーケティングと販売促進を決定する単独の裁量を有し、出版者の書籍の章や一部を無料で将来のカスタマーに閲覧可能にすることにより販売促進を行ったり、検索クエリーへの応答として出版者の書籍の抜粋の閲覧を、将来のカスタマーに許可することを、制限なく行うことができます。当社は、マーケティングや販売促進の取組みに関して、出版者に対し、いかなる支払い義務も負いません。出版者は、当社がいかなる書籍に関してもマーケティング、配信、または販売の申込みを行う義務を負わず、また、当社が書籍のマーケティング、配信または販売の申込みを開始した後にこれを継続する義務も負わないことを認めるものとします。

書籍情報

出版者がカスタマーに提示する書籍情報には、技術書典の行動規範やガイドライン、各規約・ポリシーが適用されます。 当社は、利用規約やその他のポリシー、ガイドラインに反する書籍情報およびコメントを削除する権限を留保します。

価格設定

希望小売価格の提示

本契約では、出版者が提示する小売価格を「希望小売価格」と呼びます。出版者が提示する一部のマーケットプレイス向けの希望小売価格には、商品の購入価格に含まれる消費税または同様の税 (以下「消費税等」) が含まれます。ロイヤリティが希望小売価格に基づいて計算される場合は、カスタマーに適用される消費税等を希望小売価格から差し引いた後の金額に基づいて計算が行われます。希望小売価格はWebサイトを通じて変更でき、変更は5営業日以内に反映されます。カスタマーによって本が購入されたときに有効であると当社が判断する希望小売価格がロイヤリティ算出に用いられます。

希望小売価格には最小希望小売価格と最大希望小売価格があります。最小希望小売価格は500円、最大希望小売価格は20,000円になります。

販売価格

適用される法で許容される範囲内で、当社は、書籍が本プログラムを通じて販売される際の販売価格を設定する単独の完全な裁量を有するものとします。当社は、支払い手続きや支払い徴収、返金要求や関連するカスタマーサービスに全責任を負い、本プログラムに関連して、カスタマーや見込みカスタマーから取得したすべてのデータを単独で所有し管理するものとします。

ロイヤリティと支払い

ロイヤリティ

出版者が本契約の義務に違反しない限り、本プログラムを通じて電子書籍がカスタマーに1冊販売されるごとに、販売を行った当社(または関連会社)は、電子書籍価格設定ページまたは製本書籍価格設定ページ(状況に応じ)で規定された適切なロイヤリティを、返金、貸付金、付加価値税等、消費税、およびその他のカスタマーに課される税金やカスタマーへの販売に対して適用される税金を差し引いたうえで出版者に支払うものとします。出版者の電子書籍の希望小売価格が電子書籍価格設定ページまたは製本書籍価格設定ページ (状況に応じ)において許容されている価格よりも高い場合、当社は、本契約に基づく出版者に支払うロイヤリティの算出に当たって、希望小売価格が、許容された希望小売価格の最高価格と同等になるように修正されたものとみなすことができます。

支払い期限

別途電子書籍価格設定ページまたは製本書籍価格設定ページにおいて定めがない限り、当社 当事者は、書籍の販売実績に基づき、販売当月の月末より約60日後にロイヤリティを支払うものとします。支払いに際して、書籍販売の詳細と該当するロイヤリティのオンラインレポートを利用できます。

支払いポリシー

当社は出版者に対して、ロイヤリティの支払いを受け取るために必要な有効な銀行口座等の情報を提供することを求める場合があります。出版者がこの要請に従わない場合、当社はロイヤリティの支払い義務を負わないものとします。各種支払い方法における最小支払金額や手数料など、その他の支払いポリシーを当社が適宜定める場合があります。

支払いに関する紛争

出版者は、取引明細書の入手日から6ヶ月以内に申し立てを行わない限り、いかなる取引明細書に関しても、当社に対して訴訟またはその他の法的手続きを行えないものとします。かかるすべての法的手続きは、問題となっている決算期間について当社が出版者に支払う金額(存在する場合)の決定に制限されるものと し、出版者の唯一の救済措置は、利息なしでこれらの金額を回収することです。

相殺など

当社は、以下の条件に基づき、将来の支払いのためにロイヤリティを留保および相殺することができます。当社のこれらの権利の行使は、当社がロイヤリティを 留保もしくは相殺する権利、または当社が他の救済措置を行使するために有する他の権利を制限するものではありません。

税金

当社(またはその関連会社)は、個々のカスタマーへの書籍の販売に対して課されるすべての税金を徴収し付託する責任があります。出版者は、本契約に基づいて 当社から出版者に支払われた結果として支払われるべきあらゆる所得税または他の税金について責任があります。従って、別段の取り決めがない限り、本契約における出版者への支払額には、これらの支払いに適用されるあらゆる税金を含みます。しかしながら、当社 当事者は、当社 当事者が出版者に支払うべき金額から、適用されるべきすべての税金を控除または源泉徴収する権利を保持するものとし、また、これらの控除または源泉徴収により差し引かれた支払額が、出版者への完全な支払いおよび精算を構成するものとします。

権利の付与

本契約期間中、 出版者は当社に対して、利用可能なあらゆる配信手段にて、出版者が本サービスを通じて利用可能とすることを選んだすべての形式で、書籍を直接および第三者販売者を通じて配信するための非独占的で取消不能な権利およびライセンスを付与するものとします。当該権利には、以下の権利が含まれますが、これらに限定されません。また、出版者は、当社に対して以下の権利を、全世界において許諾するものとしするものとします。

(a) 1 台または複数のコンピューター機器で書籍を複製、変換、インデックス、および保存する権利

(b) カスタマーまたは見込みカスタマーが、オンラインまたはオフラインを問わず(端末上での操作を含む)、ダウンロード、アクセス、コピー&ペースト、印刷、注釈付け、および/または表示を行うために、書籍の全部または一部を展示、販売促進、送信、配信、販売、ライセンスその他の方法で提供する権利

(c) カスタマーに対して、当社から購入した電子書籍を当社のサーバーに「保存」すること(以下「バーチャル保存」) を許可する権利、および、本契約期間中および本契約期間の終了後において、随時バーチャル保存内の当該電子書籍にアクセスまたは再ダウンロードすることを許可する権利

(d) (i) 出版者の商標およびロゴを、出版者が当社に提供した形式にて、または書籍内において(表示を最適化するために必要な修正を加えたうえで)表示および配信する権利、および(ii) 書籍および関連する当社の提供物のマーケティング、勧誘および販売のみの目的において、書籍の一部を表示および配信する権利

(e) 当社独自の裁量で適切と判断した場合に、出版者が書籍に関連して提供したメタデータを使用、複製、翻案、改変、および配信する権利

(f)上記の行為を技術的に実現するという限定された目的のために、単なる技術的な事象(たとえば、表示を可能にするためのキャッシュ)として、書籍を 送信、複製その他の方法で使用 (または再フォーマット、送信、複製、および/またはその他の方法で使用)する権利

さらに、出版者は、当社が関連会社および独立した取引先、および当社の関連会社の独立した取引先に対して、本契約において出版者が当社に許諾した権利の行使を許諾することについて同意するものとします。

非DRMと免責

当社は、別途定めのない限り、出版者に対して、電子書籍の配信に関してDRM技術を適用しません。当社から購入されたデジタルコンテンツについて、出版者は、購入者または第三者による不正な複製等が行われた場合、当社が責任を追わないことを了承するものとします。

権利処理および権利に関する紛争の解決

出版者は、当社が何らの追加の支払い義務を負うことなく(あらゆる著作権者に支払うべきロイヤリティおよびその他の金員が含まれますが、これらに限定されません)本契約において許諾された権利を行使できるようにするために、書籍に関するすべての必要な権利処理およびライセンスを取得し、またこれに対する支払いを行うものとします。出版者が、著作権侵害のクレームを行うための手続きを通じて、出版者が本プログラムにおいて配信する独占的な利用権を有する書籍を、第三者が本プログラムを通じて配信可能にしていることを通知した場合、当社は、出版者の要求および出版者のクレームの根拠を確認したうえで、出版者に対する唯一かつ排他的な救済として、出版者に対して本プログラムを通じたその書籍の販売に関して支払われるべきロイヤリティを支払うものとし、当該書籍が以降本プログラムを通じて販売されないように削除するものとします。

表明、保証および免責

出版者は以下のことについて表明および保証するものとします。

(a) 出版者が本契約を締結し、完全に実施する完全な権利および権限を有し、本契約の条件を遵守すること。

(b) 出版者または出版者の被指名人がコンテンツを配信する前に、本契約において許諾された権利を行使するために必要なすべての権利を取得すること。

(c) 本契約において許諾を受けた権利の行使、または本契約において許諾を受けたコンテンツに組み込まれた素材 (あるいはその販売または配信) が、いかなる個人または団体の知的財産、所有権その他の権利の違反を構成せずまた侵害もしないこと、または名誉を棄損する内容を含まず、いかなる管轄の法律または規則を侵害するものではないこと。当該権利には、契約上の権利、著作権、商標、コモンロー上の権利、パブリシティー権、プライバシー、人格権が含まれますが、これらに限定されません。

(d) 本プログラムに基づいて配信されるすべての書籍が、当社より提供される技術的な配信仕様を遵守していること。

(e) 出版者が、本契約に基づいて生じる金員の支払いに関して、書籍およびその一部の共同所有者または共同管理者のコンテンツまたは持分を使用したこと対するロイヤリティ(もしあれば)の精算およびそれらの者への支払いについて、全責任を負うこと。

(f) 出版者は、本サービスまたは当社のその他プログラムもしくはサービスを悪用しようとしないこと。適用される法により最大限許される範囲において、出版者は、当社、その役員、取締役、従業員、関連会社、下請業者および譲受人を、出版者による本契約上の表明、保証または義務の違反に起因するあらゆる損失、請求、責任、損害、訴訟、法的手続き (合理的な弁護士費用を含む) から免責、防御および補償するものとします。当社は、当社の費用にて自ら選定した弁護士とともに請求または法的措置に対する防御活動および和解に参加する権限を有するものとします。

機密保持

出版者は当社の明確な、書面による事前の許可なしに、当社の営業上又は技術上の情報のうちで、秘密である旨を明示したものを、以下に定める場合を除き、第三者に開示若しくは漏えい、又は本契約の目的以外に使用してはならないものとします。

(1) 開示を受けたときに既に保有していた情報 (2) 開示を受けた後、秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報 (3) 開示を受けた後、当社から開示を受けた情報に関係なく独自に取得し、又は創出した 情報 (4) 開示を受けたときに既に公知であった情報 (5) 開示を受けた後、自己の責めに帰し得ない事由により公知となった情報

なお、本契約のその他の条項の存続性を制限することなく、本項目は、本契約の終了後も3年間存続するものとします。

責任制限

本プログラムは、「現状有姿」で提供されます。いかなる場合も当社は、その原因や責任の法理に関わらず、本契約に起因または関連するデータの紛失、利益の損失、代替品費用、その他の特別、付随的、結果的、間接的または懲罰的損害、信頼利益、または不正利得の返還その他のあらゆる衡平法上の救済について責任を負わないものとします。いかなる場合でも本契約における当社の責任は、本契約において当社が当該クレームの前の12ヶ月間に支払うべき料金の合計金額を超えないものとします。当社は、本契約に関連して当社または当社を代理して提供されたすべてのサービス、ソフトウェア、コンテンツまたは商品に関して、商品性の黙示的保証、特定目的との適合性、および権利を侵害していないことなどの点を含む (ただし、必ずしもこれらに限定されません)明示または黙示のあらゆる保証を明確に否定します。出版者は、出版者または出版者を代理して送信された書籍が盗難または不正使用から保護されること、書籍の使用に関して当社が適用可能にするコンテンツの使用規則をカスタマーが遵守することについて当社が保証することができないこと、および当社が、セキュリティシステムまたは手順の欠陥、またはカスタマーのコンテンツの使用規則の不遵守に起因する責任を負わないことについて、了承し、同意するものとします。

本サービスは、複雑なシステムおよびプロセスに依存しています。当社はそのシステムおよびプロセスをエラーがなく効率の良いものにするために努めていますが、それらに関して保証はできません。さらに当社は、システムまたはプロセスの不具合、障害、誤り、エラーあるいは待ち時間に起因する一切の責任を負いません。

不可抗力

当社は、制御できない事象または状況によって起こる本契約における義務の不履行または履行の遅延について出版者に責任を負わないものとします。これにはサービスDoS攻撃、暴動、火災、洪水、荒天、爆発、天災、戦争、テロ、および労働条件が含まれますが、これらに限定されません。


技術書典応援祭 製本書籍委託販売約款

本約款は、2020年3月より開始される技術書典応援祭(以下「応援祭」)において、出版者より製本書籍を委託販売する際に、当社(及び作業委託会社)と出版者との間に締結される契約です。

製本書籍の納品について

出版者は、応援祭を通じて販売を希望する製本書籍と、その製本書籍の見本誌データを、当社が規定する方法で提供するものとします。その際にかかる費用については出版者が負担するものとします。

当社は、受領した製本書籍を検収します。書籍の状態、見本誌データの内容によっては販売できない場合があります。販売できない製本書籍は、応援祭終了後に返本として返送します。

検収が終了後、当社は製本書籍は販売するものとします。規定の日付までに提供されなかった製本書籍は、応援祭では販売されないことがあります。

ロイヤリティと支払いについて

応援祭での製本書籍を販売した際のロイヤリティレートは、応援祭に限り、100%とします。 ロイヤリティは、ロイヤリティレートに製本書籍の希望小売価格から消費税等を差し引いた金額を乗じたものになります。

返本について

応援祭終了後、当社は、購入されなかった製本書籍を出版者指定の住所まで返送します。返送にかかる送料は出版者が負担するものとします。

返送された製本書籍が住所不明等により当社に返却された場合、再返送または廃棄にあたり、当社は出版者に手数料を徴収することがあります。


技術書典オンラインマーケットコンテンツポリシー

内容について

技術書典は、オールジャンルのイベントではなく、技術のためのお祭りとして、技術書に特化した場になっています。これは、オンラインマーケットでも同様です。

以下のような書籍については、オンラインマーケットでは販売することができません。販売されていることがわかった場合、販売を取り消します。

なお、書籍そのものだけではなく、紹介文やコメントについてもご注意ください。オンラインでの作品紹介・販売は、対面での即売会よりも提供できる情報が少なくなることに加え、技術書典や技術同人誌に詳しくない方も利用しやすくなるため、購入後のトラブルも生じやすくなります。販売するコンテンツについて、ユーザーが購入を判断するために必要な情報を記載してください。

フォーマットについて

現状サポートしているフォーマットは以下の3種類です。

サポート外のフォーマットが使われている書籍や、エラーが生じる書籍については、問題が修正されるまで販売停止となることがあります。ZIPなどの中には書籍の理解を手助けするサンプルコード(または動画、画像)を含めても問題ありません。

EPUBについては、epubcheckでエラーが出ないことを確認しておくことを推奨します。

また、ファイルサイズについては、文字が中心のものについては100MB以下、画像も多数含まれるものについては500MB以下になるようにしてください。